サプリメント

身体のむくみはすぐに解消しよう|健康への近道

  1. ホーム
  2. 医療機関に相談

医療機関に相談

女の人

ホルモンの減少を防ぐ

更年期障害は女性の代表的な不調のひとつですが、症状には個人差があり、日常生活にほとんど支障がないという人もあれば、つらい症状に長期に悩まされている人もいます。生活習慣の改善やサプリメントの利用などでも改善が難しい場合は医療機関による治療も検討してみてはいかがでしょうか。更年期障害の治療は主に医薬品で行われており、それぞれの症状や体質に合わせて最適なものが選ばれます。まず、更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少していくことで起りますが、不足しているエストロゲンを補充することで症状を緩和させるホルモン補充療法は特によく選ばれている治療で、薬も経口剤と経皮剤があります。経皮剤には貼り薬、塗り薬がありますが経口剤に比べて胃腸や肝臓への負担が少ないのが特徴的です。さらに医療機関によっては漢方薬による治療が積極的に行われており、更年期障害の特有の症状を緩和しながらホルモンの減少にも負けない体づくりを目指していきます。副作用が少ない治療ですので取り入れやすくなっていますが、まったくないというわけではありませんので、薬の特徴はよく理解しておきましょう。そして、更年期障害では精神面の不調が現れることもありますが、こうした場合は抗うつ剤や抗不安剤、睡眠導入剤などの薬が処方されることもあります。このほかでは成長因子を含み、体の機能の調整に役立つプラセンタ注射も更年期の治療に役立てられています。病院やクリニックによって保険適用になる場合、自費診療になる場合がありますので、治療前に確認しておくことがおすすめです。